誰も知らない2

古典文法・せいようの日記。

売れない実家

親の家を売りたい、のだが売れない、という状況に陥ってはや5ヶ月が過ぎようとしている。売れない、というのは正確には、売ることができないのである。

なぜか。

f:id:seiseiyou:20240624202113j:image

まず一番の理由は、所有者であるわが母(この2月より施設入居)が、認知症だからである。そして認知症であることが、取引銀行やら保険会社やらに既に知られてしまっているから。Yというマンションの掃除人のおっさんが母に取り入り、母の預金その他をそいつにごっそり奪われそうになった経緯による。現在は弁護士を通じて、長女であるわたしが、母の成年後見人になる申請手続きをしているところ。申請通り家族が後見人になれる可能性はあまり高くないらしいが、後見人が裁判所から指名されれば、その人を通じて何とか母の家売却、ということはできるようにはなるらしい。

認知症の人の言動を、とにかく銀行の類はもはや信用してくれない、ということである。まあ一理あり、はするんだが。

以上が理由その一。

f:id:seiseiyou:20240624203859j:image

理由その二は、このお兄さん方である。無人となった母のマンションに残された、猫7匹(汗)。4匹を譲渡サイトを通じて譲渡し、腎臓の悪いおばあさん猫を我が家で引き取り、ついに最後に残ったドラ猫お兄さん2匹…。いや〜、この5ヶ月で、我ながらよーやった、とは思う。

現在は母のいなくなったマンションに、夫かわたしが毎日通って、2匹の命を何とかつないでいる。

そして弁護士からの連絡を待っている。

三毛猫姉妹を初めとするかわいこちゃんたちには里親さんが見つかったが、巨大なお兄さんたちをもらってくれようという奇特な人…など、そうそういるはずもなく。

後見人が決まったところで、猫アニキたちの処遇はどうするのか。

先の見えない今日この頃である。

売れるのか実家。

 

ちなみに、当初は人慣れせず、全くかわいくなかった2匹(写真左のしまちゃんは特に無表情で、「人面猫」呼ばわりされていた)だが、今では餌やりに行く度に体をゴンゴン激突させてきて、それなりに愛着が出てきた…のも事実ではある。

▶ LIFULL HOME'S不動産売却査定×はてなブログ #家を売る 特別お題キャンペーン
LIFULL HOME'S不動産売却査定
by よくわかる!不動産売却 不動産売却の基礎知識を解説

ヘッセとかサリンジャー

トーキョーで大学生をしている悩める三女(繊細さん)のために、何か本でも送ってやろうかと思いつく。わたしが彼女の頃救われたブンガク作品と言えば絶対に、ヘッセのデミアンサリンジャーフラニーとゾーイー(大工よ、屋根の梁を高く掲げよ)、あたりなのだけれど。この辺りの趣味感覚は、残念ながらわが娘と共有はできていないのであり。

結局、文房具屋で見つけたリラックマの本(メンタル不調向け)といいことだけ書く日記帳、押し入れの中の本棚から引っ張り出したハリーポッター(炎のゴブレット、ムスメはハリポタ好きだが愛読書はアズカバンの囚人で止まっている)、手芸キットと無印のスープカレーなんかをクロネコで送る。

GW明けを何とか乗り切ってくれ。

f:id:seiseiyou:20240429172550j:image

今週のお題「名作」

今日の偶然0428

きのう回転寿司の予約番号が555だった。今日は文具店で、10%割引券出したら、お会計がぴったり5555円。車で待っていた夫にその話をしながら、ふと車の時計を見ると15:55…。

そういうときに調子に乗ってスピードくじを5枚買っても特に何も起こらない、というのはよくあることだ。買わなかったけど。

f:id:seiseiyou:20240428175510j:image

母の家に行って猫の世話と掃除・片付け。この連休、わたしたちと同じように、親の家の片付けに追われる人は全国にどのくらいいるのだろうなと考えた。きっと結構いるんだろう。

何度目かの粗大ゴミ納付券大量購入、今日はちょうど5000円分だった。

やっぱなんか来てる…か、な?

荒れ庭に狂ったように咲いている白い花、ハルジオンというらしい。

連休中に夫が抜くことになるんだろう、きっと。

連休と言ってもやることと言えばそんな感じだ。

あ、きのうネトフリで見た、忍びの家というドラマは結構気に入った。

ちょいと連休ぽい。

 

 

今日の偶然0420

買い物に行った夫に、「弁当用カップ大もよろぴく」とラインしたのと、夫から「はいさい」と返ってきたのが、あとから見たらどちらもちょうど11時11分のできごとであった。

そのあと、13時33分に夫が送ってきた写真。

f:id:seiseiyou:20240420221432j:image

新しい弁当レシピ本を買って、4月から張り切って作り置きを始めた。と言っても、常に作り置きですけど(ここ10年以上!)。

社会人デビューの娘の分がいらなくなったので、いまや夫と自分の2人分だけ(最盛期は5人分)。の割に、張り切ってレシピ見て作るせいで、作りすぎる。がんばりすぎる。

土曜日と日曜日に、三品ずつ!と決めて、がんばりすぎないことを決意した先週末。

マスタードをまぶしたチキンが最近のお気に入りである。

でもね、飽きるんだよな、そのうち。

飽きるのがとにかく、弁当作りの宿命。

弁当作りの悩みはね、深いよ。

わたしの場合。

今週のお題「お弁当」

今日の偶然0415

紫色の紙ファイルの束を手にしていた。事務室。今年は紫で行こうかな、と。なんとなく。

一冊取って、残りの束を棚に戻そうとしていたら、あ、僕も、ファイル、と言って、さっき同じ部屋にいた人が。

見ると、ものすごく「紫」なパンツを穿いている…!

f:id:seiseiyou:20240415175452j:image

菫程な小さき人に生れたしー夏目漱石

朝からこの紫が頭にあったのかも。

足元に咲くすみれ、結構好きである。

byせいよう

今日の偶然0414

認知症の(二月に施設に入った)母の家のことを考えていた。Hakusekimatoriさんのページを久々に訪問したら、銀色の魚silver fishのことが書いてあって目が点になる。

これが今日の偶然。

三月に母の家を片付けていたとき、日本語で紙魚(しみ)と呼ばれるぞろぞろした虫を、英語では、silver fishと言うんだということを、妹とニック(妹のパートナー)から教えてもらったばかり。

f:id:seiseiyou:20240414182932j:image

Akiyoshiさんのページにスターをつけたら、ちょうど100になった✨

これも偶然。

byせいよう

 

 

今日の偶然

赤瀬川原平「世の中は偶然に満ちている」を読んでいた。土曜日のカフェタイム。飲んでたのはティーだけど。

背後でがっしゃーん、と陶器が割れて四方八方に飛び散った。今日の偶然。

こういうことを書いてみようかなわたしも、と思いついた次第。

f:id:seiseiyou:20240413200748j:image

私は仕事をしなければならない。その必要に迫られている。この黒い点線を一つずつ書きしるしていくのだけれど、小説にならないように気をつけようと思った。偶然の光というのは、小説になると消えてしまう。それは人間の創造力の外側にあって光っているのだ。ー偶然小説「舞踏神」赤瀬川原平

この部分に出会ったのも偶然。

byせいよう